ホーム>木地師のひとり言

木地師のひとり言

雪がふりました

あけましておめでとうございます。

今日はお昼から雪が降りました。あれよあれよと降り積もり、あっという間に雪景色!!明日は朝から雪かきだと覚悟を決めています。

この雪の中、子供たちは外で遊んでおりました。残り少ない冬休み(9日まで)、明日は雪遊びができるかな?

新年明けてからわざわざ店舗までお越しいただいたお客様もいらっしゃいます。また、今日はこの雪の中峠を越えてお越しいただいたお客様、

本当にありがとうございます。「楽しみだから」とおっしゃって下さり、また新年早々頑張らなきゃと元気を頂きました。

今年も頑張ります。よろしくお願いします。

 

出会いに感謝

5月~7月にスピーカーをご予約いただいた方の商品がやっと納品ができました。大変お待たせして申し訳ありませんでした。

お客様からメールを頂きました。和歌山県のM様ご夫妻

「先日待ちに待った音蔵が我が家に届きました。

早速居間にセッティングしました。

その存在感は格別です。

早速、あの日と同じ坂本冬美のラブソングから「なごり雪」を

        いいです‼️」

「余りにも良い音で、今まで聴いたことのない衝撃的な出会いだったため、つい衝動買いしてしまったのですが、すばらしい買い物でした。

また、何かありましたらメール等させていただきます。(^o^) 」

坂本冬美の「ラブソング」のCDをかけていたのですが、偶然にも坂本冬美さんの同級生とのことでびっくり!!不思議なご縁でした。

広島県のO様女性

「無事セッティング出来ました!

深くて柔らかい音に感激しています。

素敵な商品をありがとうございました。」

また、偶然訪れて下さった神奈川県のO様ご夫妻。ご縁により韓国へスピーカーが旅立ちました。わざわざ何度も当店まで足を運んで下さりありがとうございます。今日も一生懸命作っております!!今後ともよろしくお願いします。

 

今年一年も多くの出会いがありました。お客にたくさんの元気をいただきました。まだ、スピーカーもそれ以外の商品もお待ちになって下さっているお客様がいらっしゃいます。申し訳ありません。

これからも喜んでいただける商品作りに頑張ってまいります。今後ともよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

 

伝統工芸青山スクエアにて

慌ただしく日々が過ぎ、もう12月「師走」となってしまいました。急ぎの仕事や、ご予約いただいているスピーカーの製作、今は東京の「青山スクエア」の展示と息つく暇もなく頑張っております。ブログも約2ヶ月も書けずに申し訳ありません。この間にもいろんな出来事、出会いがあったりお知らせしたい事があったのにと、、、。また、頑張ります。

今は東京港区赤坂にある「伝統工芸青山スクエア」で「小椋浩喜展」を開催しております。

http://kougeihin.jp/

7月のブログでご紹介させていただいたお客様がご夫婦でお越しくださいました。パソコンでも使用できる卓上のスピーカーを気に入って下さいご予約いただきました。ありがとうございます。音調整時間がかかりやっと仕上がったばかり。ホームページもまだこれからアップするところです。

今年4月、イタリアの「ミラノデザインウィーク 2016」に出品し、好評をいただきました。来年にはドイツ「アンビエンテ」に出品いたします。

いろいろ苦労もしてきましたが、お客様に喜んでいただきうれしいです。まだまだ頑張ります!!

大阪から

201610169059.jpg
201610169128.jpg
 
先日、大阪でスピーカーをご予約いただいたお客様がいらっしゃいました。丁度、ろくろで挽いておりましたので見て行かれました。非常に楽しみにして下さり、ケーブルなどのご相談もありました。お時間がかかってしまい、申し訳ありません。頑張ります!!
 
 

 

久しぶりのお日様

9月に入ってもずっと天気がすぐれず、時には激しい雨がふり、なんとも蒸し蒸しした日々でした。今日は久しぶりの天気!!朝は肌寒さを感じ「秋だなー」と空を見上げました。

メールをチェックするとお客様からのご感想が。気に入って使って下さっているとの事。ご予約の商品も楽しみにお待ちくださっているとありました。

お客様からまた元気をいただきました。お客様の声は元気の源!なかにはこちらの事をお気づかいくださる方も。ありがとうございます。

時には失敗も、、、。これも次へのステップ!お客様がちょっと心が豊かに、笑顔になるような商品をお届け出来るように頑張ります!!

今日も職人は製材で頑張っています。

2016930101116.jpg
2016930101152.jpg

 

大鉢

201696144556.jpg
201696144622.jpg

 先日お客様のご依頼で、直径63cm 高さ23cmの大鉢の木地を仕上げました。材料は栃の木。樹齢は

職人募集しています

当店では、ろくろ職人になりたい人を募集しています。材木市での材料の仕入れから、製材し材料を作りろくろで挽くところまで、一人前の職人になれるまで仕事を教えます。

当社 社長 小椋浩喜は、木地師の父(故 近司)のもとで生まれ育ち、高校卒業後、高松のクラフト有岡入社し 故 有岡 良益に師事(7年間)。ろくろをはじめ30年がたちました。40年となる職人もおります。伝統工芸を現代、未来につなげていけるよう、従来の商品に加え新規商品の開発、海外デザイナーとのコラボレーションなど、努力しております。

お聞きになりたい事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。よろしくお願いします。

けやきの木地のスピーカー

2016726155525.jpg

昨年11月、木曾ひのきの家を作ると現地にお越しの際、当店にスピーカーを見に来ていただいたお客様。実際にお聴きいただきご注文をいただきました。

先日、新居の出来あがりの時期に合わせてお届けさせていただきました。けやきの木地のままが良いとのご希望でした。

音は確認したものの、お客様の新居でどんな音を奏でるのか、気に入っていただけるのか内心ドキドキしておりました。

 

 

 

お客様からのメールを頂きました。

『実に自然な、電気的に増幅された音といった感じのしない響きに感激しました。
南木曽で試しに聞かせていただいた際に、音の立ち別れが鮮やか、オーケストラ曲であれば、楽器の一つ一つの音が聞き分けられるといった感じに響くという印象は持っていたのですが、その期待通りの音でした。また、スピーカーを設置したリビングダイニングは30平米強で、無垢のフローリングと珪藻土の壁、無垢の柱と梁が見えるようにしつらえたのですが、部屋のすみずみまで音が拡がるというんでしょうか、スピーカーに対して真横で、かなり離れた場所で聴いても、正面で聴いたときと比べて、少し音量が小さくなった程度で、音質の差が少ないことに気付き、これが小椋さんの仰っている回析効果なのかなぁと思った次第です

自然な音質で、どれだけ聞いていても耳が疲れない、心だけでなく、身体まで癒されるような、喩えていうと、山のなかで渓流や木々の間を風がすり抜ける音を聞いていると身体の奥から快方感が湧き上がってくるような、そんな感じがしました。半年以上、仮住まいで上質な音に飢えていたせいかもしれません。

また、丁寧に仕上げていただき、ありがとうございます。木目と木肌の色合いに微妙なぬくもりが見て取れるスピーカーで、愛らしいかたちと相まって、見た人が思わず、手で撫でたくなる、そんな感じがします。実際、挨拶にいらっしゃったハウスビルダーの経営者の方は、オーディオの趣味があるとのことでしたが、音の良さを褒めてくれただけでなく、スピーカーを何度か触ってました(笑)』

ありがとうございます。明日からまたご出張との事。お体もですが、世間ではいろいろ物騒な事件が起きております。くれぐれもお気を付け下さい。

情報社会で忙しい世の中、少しでも心が癒され豊かになるような時間を提供できたら、、そんな思いで作っております。

 

阿部知事が南木曽ろくろへ

2016726143947.JPG

7月14日長野県の阿部知事が木地師の里南木曽ろくろの地を訪れて下さいました。現状をきいてくださりお話する中、お客様が来てみたくなるような産地になるよう自分たちも知恵を出しながらさらに努力していかなければならないと、また思いました。

なかなか難しいことですが、、、。前に向かって!!

 

NBSみんなのニュース

2016624212936.jpg
201662421306.jpg
 

 

2016624213045.jpg
2016624213113.jpg
 

先日、「NBSのみんなのニュース  ふるさと手仕事」のコーナーの取材がありました。アナウンサーの西方沙和子さんがいらして下さり、南木曽ろくろの歴史、特色、スピーカーの製作工程、実際に試聴してくださいました。とてもかわいらしく、とても興味深く、一生懸命きいてくださり、素敵な西方さんでした。子供たちもこの日は早く帰って来る日でしたので、一緒にお話をさせていただきました。

子供たちのインタビューでは私達がなかなか聞けないことを聞いて下さったり、思いもよらぬ答えが返ってきたり、貴重な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

放送は7月1日18時15分からのNBSニュースの中で放送されます。よろしくお願いします。