ホーム>木地師のひとり言>木地師のひとり言>いたどり
木地師のひとり言

いたどり

2014515135749.jpg
2014515135823.jpg
 

 

みなさん、「いたどり」って知っていますか?多分、道端でかならず見かけていると思います。ここ木地師の里、漆畑ではこの時期になると「いたどり」を山から採ってきて皮をむき塩漬けにしています。そのまま食べると酸味が強いのですが、塩漬けにし、食べる時に塩出しをしてお浸しや酢の物などにして食べると、シャキシャキとした何とも言えない食感があり美味しいです。

先日は子供たちも手伝って皮をむいてくれました。今日は大ベテランの女衆が手伝ってくれています。山々の中を歩き生活してきた木地師の中から生まれてきた食文化。今もこの漆畑の中で生きています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kanekin-ogura.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20