ホーム>木地師のひとり言>2014年7月

2014年7月

蛇抜け

7月9日南木曽町で起きた「蛇抜け」といわれる土砂災害。亡くなられたお子様のご冥福を祈り、被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。テレビの映像で映し出された変わり果てた現状。何とも言葉にできません。声を詰まらせながら目の前を土砂が流れて行った話を聞き返す言葉もありません。とても外出出来ませんでした。時間ががたつにつれ何か出来る事をと。

子供たちも家ですごし、「学校行きたいなー」「友達の顔を見ないと安心しない」などといっています。昨日は、天気も良かったので、工場の横の浅い川で友達と川遊びをして気分転換をしました。

役場や社協などの方々も毎日不眠不休でご苦労様です。ありがとうございます。

今日は雨が降ってきました。二次災害がないように。一歩一歩着実に前へ。一日も早い復興を。