ホーム>木地師のひとり言>2017年3月

2017年3月

神様の器

201735153443.jpg
20173515358.jpg

 お客様のご依頼で、神様の器をお受けしました。向かって左側が「お魚用」 中央が「野菜用」 右が「お椀」です。どのくらいの年月使われていたのでしょうか?所々くちています。3~4ヶ月お待ちいただきやっと出来あがりました。材はケヤキで作りました。この器も長い歴史を刻んでいくのでしょうか?

「DCU-F 123W」のスピーカー

201734195357.jpg
201734195425.jpg
201734195450.jpg
 

2年前、スピーカーの「F-10S01W」を買って下さったお客様。今度は「13cmウッドコーン限定モデル DCU-F  132W」のユニットを使ったスピーカーの依頼を受けました。ご依頼を受けてから約5ヶ月。やっと出来あがりました。ユニットの重量も違うのでヘッドの部分はそれも考慮し仕上げました。

お客様から

「今日はスピーカーの納入ありがとうございました。

素晴らしい音に感激です。

最初からこんなにすごい音がしているのに、エイジングしたらどんな音になるのか楽しみですが、今の音が素晴らしいので、このまま変わらなくてもいいとも思ってしまいます。」

「これからの熟成が楽しみです。大切にします。

今度のスピーカーもすごいですが、10cmのウッドもすごくいい音になってきています。

これもびっくりです。」

とメールを頂きました。ありがとうございます。

また、奥様と木曽にも遊びに来て下さい。

 

 

吊るし雛

20173117159.jpg
201731171538.jpg
 

早いものでもう3月。春が待ち遠しいこの頃です。今年も母から吊るし雛を1つもらいました。これで7つ目。昨年は「もう作らないから」と言っていたのですが、「今年は作らなかったけど去年作ったの持っていき。古いのは修理するから持っておいで」と。

一つ一つ手作りで作った吊るし雛。どれも思いがこもっています。

しばらくはこの吊るし雛を見ながら過ごします。