ホーム>商品製作の流れ

商品製作の流れ

商品制作の流れをご案内いたします

商品の材料の原木になります。
栓の木で直径60㎝長さ4mくらいで卓上まな板やコネ鉢になります。

左の写真が商品の材料の原木になります。
こちらの原木は栃の木で直径120cm長さ2mほどでお蕎麦屋さんが使うコネ鉢の材料になります。
横の木は栓の木で直径60cm長さ4mくらいで卓上まな板やコネ鉢になります。

↓

卓上まな板を挽いているところです。
ろくろにカンナをかけるとひとカンナひとカンナごとに木目の表情が変わり、その木の一番きれいなところで仕上げます。

卓上まな板を挽いているところです。
ろくろにカンナをかけるとひとカンナひとカンナごとに木目の表情が変わり、その木の一番きれいなところで仕上げます。

大鉢を挽き上げているところです。
直径70cmほどの鉢になります

大鉢を挽き上げているところです。直径70cmほどの鉢になります。

↓

完成品
木地鉢

完成品。

左の写真がまな板、右の写真が木地鉢になります。
木によってそれぞれ木目が違う為、同じ商品でも木工芸品はそれぞれの個性があります。