ホーム>玉切り

玉切り

玉切り

南木曽ロクロで使う材料の木取りのしかたですが材木を玉切りにします。
玉切りとは材木をこね鉢などの直径の大きさに切ることをいいます、普通は材木を板にスライスして欲しい大きさの円を書いて帯鋸で丸めますが南木曽ロクロでは玉切りをしてから製材にかけます。
玉切りをするとこね鉢のような厚みのある物は無駄がでませんし、板にスライスして大きく使うとパン皿のように薄いものや小さな物に無駄がでません。

まず何を作るのか大きさを何寸にするかを決めます。

玉切り

まず材木の太さや心材の大きさ、フシの位置、くさり、割れ、割れ方をよく考えて何を作るのか大きさを何寸にするかを決めます。栃の木と欅、栓ではフシの入 り方が違うのでおもしろいところです。難しいのは割れ方とくさりです、目割れといって年輪と同じ方向に割れているのは木の長さにそって深く割れています。 くさりが取れてもまだ目に見えないところまで木が弱っていて乾いてから手のひび割れのようにアカギレすることがあります。

寸法木を使ってお盆や木地鉢の欲しい大きさを計り手鋸でチェーンソーを入れる毛引きをかきます。この時にフシの位置や材木の長さからのバランスを考えますが両方の木口はキズが入っているので3寸から5寸位は捨てることになります。この木口を落とすことによってのその木のだいたいの素性がわかります。

玉切り
玉切り

↓

チェーンソーを入れます

チェーンソーは毛引きのところに入れていけばいいのでそんなに難しくはないのですが気を付けなければいけないのは木が曲がっているところです。ここは製材の台車に載せた時にまっすぐ立つようにするか木目がきれいに出るようにするかでチェーンソーの入れ方が変わります。

玉切り
玉切り
左からヨキが二本、トビ、皮むき、ガンタ、チェーンソー

左からヨキが二本、トビ、皮むき、ガンタ、チェーンソー

ガンタの使い方

ガンタの使い方

↓

これ位の割れやキズは一玉くらいでとまります。

玉切り
玉切り
玉切り
玉切り
玉切り